中1道徳「阪神・淡路大震災を知っていますか?」(1/17(木))

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週1/17は阪神・淡路大震災から24年目

当たる日でした。6434人が犠牲になったこの震災発生当時、

まだ生まれていなかった今の生徒達にもこの大きな震災のことを

知ってもらいたいと考え、中1学年はその日の道徳の時間に、

学年合同の特別授業を行いました。

18hansin (1).JPG

18hansin (7).JPG

 

本校は「近畿大学附属」ということもあり、

関西方面出身の先生がたくさん在籍しています。

今回は当時実際に震災を体験した3人の先生から、

貴重な体験談を聞かせてもらいました。

18hansin (3).JPG

 

学校が休校になり、焼け野原を歩いてボランティアへ行ったこと。

近くの公園に仮設住宅ができ、転校生もやってきたこと。

「学校へ行きたかった」という転校生の言葉を聞いて、

「警報で休校なんて、ラッキー!」と考えていた自分を恥じたこと。

体験した先生方のお話は、やはり心を打つものがありました。

18hansin (4).JPG

 

自然の力の前には人間は無力ですが、

そこから神戸が復興していき、現在の都会の町並みが

できたという経緯は、力をもらえるお話でした。

18hansin (6).JPG

  

時間が経つにつれて、震災を知らない世代も増えてきました。

昨年の西日本豪雨でも自然の脅威を思い知らされましたが、

今回の道徳を通して、日ごろから災害に備えていくことの大切さを

改めて感じてもらうとともに、被災された方に思いを馳せることを

学んでもらえたらと思います。大切なのは「つなぐ」ことですから。

18hansin (2).JPG

18hansin (5).JPG(中一担当:I)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中1道徳「阪神・淡路大震災を知っていますか?」(1/17(木))

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fukuyama.kindai.ac.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2102

コメントする



アーカイブ

  • rss1.0
  • rss2