2018年11月13日

機関誌『梅の花』の製作が本格始動しました!!

前回の記事でも触れました、生徒会機関誌『梅の花』。

5日には昼休憩のクラブ部長会でクラブ向けの説明会が行われ、

8日には代議員会で暮らす向けの説明会が行われるなど、

いよいよ制作に向けた活動が活発化してきました。

そこで、今回は『梅の花』の歴史(?)を

特集してみたいと思います。

 

トップバッターは初代『梅の花』!!

18seito1110 (1).JPG

1972年発行という初代『梅の花』。

実に今から46年前!!Σ(・□・;)

「序にかえて」では、『梅の花』が近大福山の伝統と

なることを願うという趣旨のことが書かれていました。

先輩方、しっかりと本校の伝統になっていますよ!

18seito1110 (2).JPG

ちなみに中身はこんな感じです。

18seito1110 (3).JPG

どのページも文字ばかりといった感じです。

詩や随筆など文学的な作品も掲載されています。

少し文集のような性格も帯びていたのでしょうか?

  

続きまして、1980年代に突入して、

『梅の花』8号(1981年発行)18seito1110 (4).JPG

『梅の花』史上類を見ない紫色のデザイン。

それでも奇抜になることなく、

落ち着いた和風の印象を与える表紙です。18seito1110 (5).JPG

 

それから6年後。こちらも表紙の出来栄えが素晴らしい、

1987年『梅の花』

18seito1110 (6).JPG

18seito1110 (7).JPG

18seito1110 (8).JPG

18seito1110 (15).JPG

イラストもかわいいですね。(*’ω’*)

 

表紙のインパクトでは『梅の花』17号

(1990年発行)が抜きん出ています。

なんと青一色!18seito1110 (9).JPG

ちなみに中高一貫コースの方はお分かりでしょう。

この表紙、『生活の記録』にかなり似ています。

いったいこの年に何があったのでしょうか?

大いに気になるところです。

18seito1110 (10).JPG

18seito1110 (11).JPG

―――――
近福用語コーナー
せいかつの‐きろく【生活の記録】名
中学過程において、生徒と先生のコミュニケーションおよび
学習時間・生活習慣の記録のために導入されている冊子。
先生との3年間のやり取りは最良の思い出の一つとなることが多い。
―――――

 

今度は切り絵風の『梅の花』26号。

18seito1110 (12).JPG

18seito1110 (13).JPG

18seito1110 (14).JPG

時事ネタや活動報告など、内容も濃いものになっています。

 

『梅の花』32号(2003年)

これまた凝ったデザインの表紙です。

18seito1110 (16).JPG

18seito1110 (17).JPG


最後に番外編です。

18seito1110 (18).JPG

本校の前身である電波工業高校時代

生徒会機関誌『電波』です!

  

こうしてみると、近大福山の46年間の歩み、

伝統といったものがひしひしと伝わってきます。

今年も、より素晴らしい『梅の花』を開花させるべく

執行部員一同、全力を尽くそうと思います!



カテゴリ

  • rss1.0
  • rss2