気象警報発令時取り扱いについて
〈学則〉「非常変災その他急迫の事情があるときは、臨時に授業をおこなわないことがある。」に基づき次のとおり措置する。

(1)

朝6時現在、福山市で、特別警報ならびに大雨・洪水警報、暴風警報が発令されている場合は、自宅待機とします(波浪、高潮、大雪警報は除く)。

(2)

朝9時までに警報が解除された場合は、午後から始業とします。安全を確認して登校してください。なお、スクールバスは臨時便が運行するので、時間を確認して登校してください。
9時現在、警報が解除されない場合は、その日は臨時休業とします。
※自宅を出た後、登校中に警報が発令された場合は速やかに帰宅すること。

(3)

朝6時現在、福山市で警報は発令されていないが、生徒の居住地あるいは通学途中のエリアで警報が発令されている場合、該当生徒は自宅待機とする。
ただし、学校は開校しているので、警報が解除されて、安全が確認できた場合は、登校する。
(自宅待機に係る遅れについては、遅刻扱いとはしない。また、警報が解除されず登校しない場合の扱いは特別欠席とする。)
※スクールライフ・生徒手帳に掲載

交通ゼネスト時の取扱いについて
交通ゼネスト時は、次のとおり措置する。

(1)

バスストの場合は、9時30分始業・15時00分終業とする。
 

(2)

JRストの場合は、9時50分始業・14時50分終業とする。
 

(3)

JR・バスとも前日(夜9時のニュース)にストの解除が判明したときは、平常授業とする。
 

(4)

バスストが当日の朝(7時のニュース)に解除したことが判明したときは、平常授業とする。
 

(5)

JRストが当日の朝(6時のニュース)に解除したことが判明したときは、原則として平常授業とする。ただし、ダイヤが乱れている場合は、その状況に応じて臨時に始業時刻を設定することもある。


Copyrights 2003 近畿大学附属広島高等学校・中学校 福山校 All Right reserved.